地震・台風・降雪などに伴う緊急連絡

※本校の通常のホームページが見られない(アクセスが過度に集中している等)ときは、緊急連絡サイトをご覧ください。
https://sites.google.com/a/ogose-h.spec.ed.jp/info/
(現在、緊急連絡はありません。)
 

所在地

〒350-0412
埼玉県 入間郡 越生町 西和田600
TEL:049-292-3651
FAX:049-277-1013


各ページ内の記事・写真・その他著作物の無断転載・引用を禁じます。
Copyright 2018 Ogose High School. All rights are reserved. Since 2016
 

ホームページ・サイトポリシー

本校HPの掲載内容の転載等の制限について

本校のホームページ・サイトポリシー
  →県立越生高等学校ホームページ・サイトポリシー.pdf
 

ログイン

カウンタ

あなたは207084番目のお客様です。

美術部


活動日・活動場所 
 実       績 
部活からのひとこと美術部では、放課後や休日をつかって作品の制作を行っています。
絵を描くのが好きな人、ものを作るのが好きな人、待っています。
 

活動状況

美術部
123
2018/07/26

美術部夏合宿

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

7月22日(日)~25日(水)、美術部では風景画合宿を行いました。

今年度の行き先は、山梨県の小菅村(こすげむら)です。
都心から車で2時間。眺めがよく美しい村でした!
  

宿からすぐの場所に川が流れています。

  

日中は暑かったですが、宿が近いのですぐ休むことが出来たことと、
川からの風があったので、3泊4日間、無事に制作に取り組むことができました。
みんな、よく頑張りましたね!

  

3日目の夕食はバーベキューでお楽しみ。(このあと川原で花火もしました。)

 
優しく受け入れてくださった宿の方へ、お別れの挨拶と、集合写真です。
本当にお世話になりました。

また小菅村とご縁があれば嬉しいです。
集中して1枚の作品を描くことができて、充実した4日間でしたね。
学校での制作も、また頑張っていきましょう!
17:01 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/04/15

Artokigawa展に参加しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

4月14日(土)・15日(日)に開催された、ときがわ町のアートイベント【Artokigawa】に出展しました。
一昨年より作品参加をさせていただき、今年で3回目です。
アート作品だけでなく、音楽やおいしい食べ物屋さんも充実したフェスティバルとなっています。
 

今回は、木のむらキャンプ場の風景を活かして展示をする、インスタレーション作品がメインです。

  

  

川には水の流れで回転する花を浮かべたり、通りすがりの方に絵を描いていただく、参加型の作品、
プラネタリウムのような箱の中での万華鏡の作品など。
見ていただいた方にも「きれい」「やりたい」「展示が終わったら花がほしい」と言っていただくこともできました。

心配されていた天候も荒れることはなく、楽しくイベントに参加することができました。
19:14 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/04/04

春季デッサンコンクール

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部


あわただしく一年が過ぎ去り、あっという間に春休みです。

春休み中も、平日は9:00~16:00まで部活動を行っています。
各学年、自分の制作に取りかかっています。
みんな、一年間でさらに色んなことができるようになったのでは?
 

また、長期休業恒例の、デッサンコンクールも行っています。
今回のメインモチーフは『花』です!

  

ふだんの課題は石膏像や静物が多いので、新鮮なテーマでしたね。
「描いてる途中でつぼみが咲いてきた・・・。」
という生徒の声も聞こえてきました。
生き生きした様子が描けるかがポイントです。

  

苦戦した生徒も多かったようでしたが、またひとつ力がつきましたね。
いろんなものを観察して、描いて、自分の表現に磨きをかけよう!


14:12 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2018/02/05

卒業制作展が行われました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

1月31日(水)~2月5日(月) 埼玉県近代美術館にて、卒業生による卒業制作展が行われました。
3年間の集大成です。これまで美術科で学んできたことを活かして制作しました。
展示空間では、一人一人の個性が輝いています。

  

  

絵画、デザイン、、イラスト、彫刻などの立体作品… オリジナルのゲームまで!

会場では多くのお客さんたちが足を止めて作品に見入ってくださいました。
みんなのこれまでの頑張りや努力が、見る人々にも伝わっていたことでしょう。
14:30 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/01/06

冬期デッサンコンクール

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

美術部は冬休みも盛んに活動を行っています。
冬休みの最後に、2日間にわたるデッサンコンクールが行われました。

今回のモチーフは石膏像の『ブルータス』。
大きな量感がいかに出せるかがポイントです。

 

コンクールなので、ふだんの授業とは異なり、先生からのアドバイスなしでの制作です。

 

制作後の講評会も、普段と違って順位がついた上での講評会でした。

シビアな部分もありますが、今回参加した全員が、また気合を入れるきっかけとなったのではないでしょうか。
自分の力を今一度見つめ、より厳しくデッサンと向き合いましょう。
それがみんなの作品づくりを、より充実させますからね!
18:05 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/11/28

埼玉県高校美術展

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

11月22日(水)~11月26日(月)まで、埼玉県高校美術展が開催されました。

高校美術展は、美術部にとっての一大イベントです。
この展覧会へ向けて主に2年生が夏から精一杯制作に励んできました。

   
そして今年度も、来年度の全国総合文化祭(運動部でいうインターハイです!)への出場が決まりました!
これで、越生高校は12年連続での全国大会出場となります。
また、6名の生徒が優秀賞を受賞しました!

◎全国大会出場作品

2年5組 藤井薫「はいりたい」

◎優秀賞受賞作品
     
2年5組 高森萌果「メモワール」  2年4組 小野恵理華「その先へ」   2年5組 篠田 栞「選択機」

     
2年5組 瀬間悠莉「マーコール」  2年5組 木村虎太郎「ガラパゴスから」 2年5組 久保美樹「かぷせるモンスター」
19:02 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/10/16

夏の全国総文祭報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

10月16日(月)放課後、3年生の石川あやめさんによる全国総文祭の報告会がありました。
昨年度の高校美術展、50号の油絵で全国大会出場を果たした生徒です。

     
報告会の様子。(視聴覚室)    石川あやめ『collection room』

今年度の夏に宮城で行われた全国総合文化祭。
全国から優秀な作品が集い、お互いに鑑賞しあったり、他県の高校生とグループでワークショップをしたとのこと。
他県の高校生の作品をみて、感じ取ったことなども詳しく話してくれました。

  

先輩も先生も、今年度の活動を応援してくれています。
先生から2年生へ向けての話も、みんな真剣に聞いていましたね。
高校美術展まであと一ヶ月!がんばっていこう!
17:44 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/08/30

夏期デッサンコンクール二回目

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

長かった夏休みもあと2日間となりました。
明日が夏休みの最終日です。

本日は、夏期休業中のデッサンコンクールの2回目でした。
今回のモチーフは、石膏像の『モリエール』。
2日間にわたっての制作です。

  

モリエールは実在した喜劇作家です。
長い髪の毛や複雑なストールをかけた衣装、おひげの素敵な顔…と、非常に特徴の多い石膏像となっていますね。

細かいところが複雑な像ですが、人体としての骨格や、描き始めの構図を十分に気を付けないと、細部を描いてもモリエールに似ていかない…と苦労させられる像です。

今回も1位の生徒が代表して、教頭先生からドリンクを頂きました。



夏休みの課題などが差し迫る中でのデッサンコンクール。
忙しくても積極的に参加した今回のメンバーは、このあと自分のデッサンをしっかりとふり返り、この2日間集中して描いた時間を着実に自分の力にしていきましょう。
16:24 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/08/09

手すき和紙ワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

本日は、越生高校のとなり町、ときがわにある、手漉き和紙たにの工房さんにて
手すき和紙の体験をさせていただきました。

  

日本の手すき和紙の技術が、ユネスコ無形文化遺産に登録されたのは記憶に新しいですね。
登録対象となった三種類の和紙のうちのひとつが、こちらの、埼玉県でつくられている「細川紙」です。
話にはよく聞いていても、実際に手漉きを体験したのは、今回が初めての生徒も多かったことでしょう。

  

楮の木が原料です。皮の茶色いところが除かれた、白皮の部分を使います。
水の中で小さなゴミをひたすら取り除き、紙の材料である繊維になるまで
棒で何回も叩いたり・・・

  


  

手漉きをして、紙を干すところまで、とても本格的に体験させていただきました!

なかなか無い、貴重な体験だったことでしょう。
ここまで丁寧に時間をかけ、手作業でつくられた紙には、特別なあたたかみを感じますよね。

たにの工房さん、本当にありがとうございました。
18:59 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/07/31

夏期デッサンコンクール一回目

Tweet ThisSend to Facebook | by:美術部

本日、希望制によるデッサンコンクールを行いました。
男性モデルを囲んでの人物デッサンです。

 

5時間、8ポーズの制作です。暑い中みんなよくがんばりました。
作品の出来はどうだったでしょうか?初めて人物デッサンをした生徒も多かったですね。

 
1位をとった生徒へ、校長先生よりお菓子をいただきました。
(みんなでおいしくいただきました。)

 
モデルさんは本校OBの生徒ということで、終了後に大学での制作について話していただきました。

貴重なお話をきけて、参加した生徒にはとても良い刺激になったことでしょう。
明日からも、夏休みの部活動、がんばれ!
17:25 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
123